2018.9.19

防災グッズを見直しました

暮らしのこと


以前から防災グッズの用意は
していましたが、
我が家で用意してあるものを
あらためて確認してみました。

============================
・お米、雑穀
・塩、味噌
・乾物(高野豆腐、海藻、板麩、高野豆腐、乾麺など)
・漬物(梅干し、たくあんなど)
・根菜(玉ねぎ、じゃがいもなど。常温で日持ちするもの)
・缶詰
・お菓子(玄米せんべい、乾パンなど)
・お水(ペットボトル入りを数ケース)
・ウォータータンク(折り畳みできるタイプ)
・カセットコンロ、ガスボンベ
・乾電池
・懐中電灯
・生理用品
・ティッシュ、ウエットティッシュ
・簡易トイレ
・携帯ラジオ
・使い捨てマスク
・軍手
・ラップ
・使い捨てコンタクトレンズ

など
============================

「備蓄してある」というよりは
「日ごろから多めに買い、
使いながら補充している」
という感じです。

特に食品は、賞味期限が短いものもあるので
そのようにしています。

食品のなかでも、
雑穀や乾物は賞味期限が長いです。
根菜も長もちします。

大きな災害が起こって
避難所に行かなければいけない、と
なった場合などは
料理どころではありませんが……
日ごろから食べ慣れている、
日持ちする食材を多めに用意しておくのは
大事だと思っています。

カセットコンロを
しばらく使っていなかったので
今日、試運転(?)してみました。
ちゃんと火がつきました。よかった。

お恥ずかしい話ですが、私が
カセットコンロを使うようになったのは
ここ2、3年の話です。

それまでは、どうしても
「怖い」という気持ちがぬぐえず
使えませんでした。
「カセットコンロを使用中に爆発した」と
いうニュースを、過去に何度か見たことが
あるからだと思います。

しかし、正しく使えば
まず事故は起こりません。

カセットコンロは、やはり
一家に1台はあったほうがいいと思います。
災害が起こると、お店では品薄になってしまうので
用意できるうちにしたほうがいいです。

コンロ用のガスボンベの用意も、忘れずに。

カセットコンロを使えば、
お鍋でごはんを炊いたり
お湯を沸かしたりできます。
お味噌汁などの簡単なものも作れそうです。

まずは、とにかく、ごはん。
ごはんがあれば、
常備してある塩と、梅干しなどで
おにぎりが作れます。

我が家の防災グッズ、
まだまだ足りないものもありそうです。

あれもこれも、と考えはじめると
きりがない部分もありますが
できる限り準備はしたいです。

そういえば
「小銭は用意しておいたほうがいい。
災害時、お店では
電子マネーやクレジットカードでの
決済ができなくなり
現金対応のみになるから」

という話を、ネットで読みました。
小銭も用意しておこうと思います。

また、常に
「携帯やタブレットの充電を、常に満タンにしておく」
というのも大事だと、ネットで読みました。
たしかにその通りです。
常日頃から意識したいです。

3.11の時、私は千葉に住んでいました。
職場は都内でした。

当時住んでいたアパートも職場も、
それほど大きな被害はなかったものの
物流の面では、不安になることが
多々ありました。

スーパーやコンビニからは
お水やお米、
すぐに食べられるパンや加工食品などが
一時期、姿を消しました。

また、ホームセンターからも
カセットコンロや乾電池などが消えました。
100円ショップでも、乾電池は
ずっと品切れ状態でした。

続く余震と、それに伴って鳴り響く
エリアメールの音に恐怖心を覚え
心身が縮こまっていたことを思い出します。

日本全国で、災害が続いています。

どうか、被害にあわれた方々が
1日でも早く、元の暮らしに戻れますよう
心から願っています。

「いつどこで、何が起こるかわからない」
そのことを忘れず、これからも
できるだけの備えを心がけていきます。



スポンサーリンク


Facebookページで、日々のお弁当を紹介しています。
「いいね!」いただけたらうれしいです♪

« »

PAGE TOP ↑