【与那国島一人旅・その5】チェックインスポットに感慨を覚える

お出かけ 与那国島一人旅


(2017年10月19日~23日に行った
与那国島一人旅について綴っています)

10月19日。
与那国空港に着いてすぐ、
レンタカーの手続きをしました。
軽自動車を1泊2日で借りました。
1人ですから、軽でじゅうぶん。

驚くほど、手続きは短時間で済みました。
さまざまな離島でレンタカーに乗りましたが、
こんなに簡単だったのは初めてです。
(免許証のコピーもしなかったような、、)

まぁ、離島ですから
島を出る手段は限られていますしね。
ある意味、逃げようがないし。
(台風が来ているなら、なおさら)
代金も前払い済だし。
だから、簡単な手続きでよいのかも
しれません。

さっそく、空港から車で10分足らずの
ホテルへ向かいました。

ちなみに、与那国島には
コンビニはありません。
個人商店やスーパーはありますが、
悪天候などにより、石垣からの船が来ない日が続くと
商品がかなり品薄になるそうです。

台風接近のことも視野に入れ、念のため家から
ペットボトルのお水、お菓子などを
トランクに詰めてきていました。
(結局それらは、ものすごく役立つことになりました)

さて。
ホテルに無事チェックインし、部屋に入ると…

あらま。
かわいい先客さんが。
(爬虫類が苦手な方は、見ないでね♪)

結局私は、合計4泊
こちらのヤモリさんと同棲?しました。
(って、この子、女の子だったりして。笑)

部屋に荷物を置いたら、食堂へ。

私が宿泊したホテルがある集落は
飲食店も少なかったので、
夕食は全日程、ホテルでとることに
決めていました。

ホテルの夕食は、とてもおいしかったです。
カジキマグロが出てくることが
多かったような。
与那国といえば、カジキマグロですものね。

(私は、家では基本的にベジですが
外ではなんでもおいしくいただきます)

宿泊客は、おそらく
私の他には、おひとりだけでした。
その方と出会うこともほとんどなく、
食堂も貸し切り状態でした。
オフシーズンですしね。

食後はお風呂に入り、
めずらしくテレビなど見て(我が家はテレビがないので)
早めに休みました。

そうそう。
ホテルのWi-Fiをありがたく使わせていただき、
タブレットでFacebookを開いたら、、、

チェックインスポットに、
台湾の地名(空港など)が
いろいろ出ていました。
(この記事の冒頭に載せた写真参照)

そう、ここは与那国島。
台湾に最も近い、日本最西端の島。

3年前、関空から台湾に行きましたが
台湾のほうが正直言って、アクセスは簡単でした。
乗り継ぎなし、わずか3時間ほどで
ぴゅーっと行けるので。

でも、飛行機を乗り継いででも私は
今回、ここに来てみたかったのです。

「あぁ、今、本当に与那国にいるんだなぁ…」
タブレットの画面をぼーっと眺めながら、
感慨を覚える私なのでした。

さて、翌日。

時折晴れ間も見えるのですが、
とにかく風がものすごく強かったです。
雨は降ったりやんだり、でした。

ホテルの部屋から見た、外のようす。

写真では伝わりにくいですが、
海もかなり時化ていました。

それでも暴風雨、というわけでもないので
とりあえず観光に出ることに。

ホテルの方からも
「風が強いから、気をつけてね~」と
送り出されたのでした。

つづく。



スポンサーリンク


ブログの更新状況をFacebookページに載せています。

« »

PAGE TOP ↑