2015.9.12

「エンバランス」のお弁当箱を愛用中

暮らしのこと 食と健康


数か月前の話になりますが・・・

夫用のお弁当箱を買い替えました。
「エンバランス」の、590mlのお弁当箱です。


(↑手前が、エンバランスのお弁当箱。
奥にあるのが、以前使っていたお弁当箱です。)

エンバランスの商品は、自然食品屋さんや
インターネットなどで手に入ります。
ご参考までに、楽天では下記のお値段でした。

「エンバランス」とは、
EM(人や環境にやさしい微生物)を
活かして作られた
プラスチック素材のことだそうです。

食品の鮮度を保ったり、
水の活性化、身体への癒し効果なども
期待できるとのこと。
(興味を持たれた方は、ぜひ
エンバランスのホームページ
ご覧になってみてください。)

我が家はこのお弁当箱を2つ用意し、
1つにはごはん、
もう1つにはおかずを詰めて
使っています。

お子さんや女性の方なら、
590mlを1箱で十分かもしれません。
もしくは、こんなかわいらしい
2段重ねのお弁当箱もあります。

このお弁当箱を買う前までは、
100円ショップで買った
650mのお弁当箱(水色)を長らく
愛用していました。

ただ、そのお弁当箱は
だいぶ年季が入ってきていました。

さらに
「青系の色って、食べものを
おいしく見せるのは難しいかも」と
改めて思ったのが(←今さらすぎ。笑)
買い替えのきっかけとなりました。

650ml→590mlと、
サイズがひとまわり小さくなったので
大丈夫かな?ごはん足りるかな?と
少し心配でした。

でも実際使ってみたところ、
60mlの差は大したことはないようです。(夫談)
ごはんも650mlのお弁当箱と
同じぐらい、たっぷり入ります。

本当は私、ずっと
「お弁当箱を買い換えるとしたら
”曲げわっぱ”にしよう」
と決めていました。

しかし、国産の曲げわっぱで
なおかつ夫の食べる量に合わせた
大きさのお弁当箱を買い求めるとなると、
当然のことながら
かなりよいお値段になります。

「それでも欲しい!」と思い
あれこれ探し続けていたのですが、
エンバランスのことを知ってから
考え方が少し変わったのです。

「曲げわっぱもいいけれど、
まずはこちらを使ってみようかな。
590mlの角形容器なら、
常備菜の保存用にもぴったりだから
いろいろ使いまわせそうだし」

実際、エンバランスの
お弁当箱に替えてからは
お弁当作りがますます
楽しくなりました。

やはり、透明のお弁当箱のほうが
食べ物の色が数倍おいしく
見える気がします。

お弁当が傷みにくくなっているのか
どうかは、正直言って
今のところよくわかりません。

お弁当を作るうえで、
「お弁当のごはんやおかずが
傷みにくい工夫」を凝らすことは
お弁当箱の種類にかかわらず
基本中の基本だからです。

ただ、夫がずっと変わらずに毎日
「今日もお弁当、おいしかったよ!」と
からっぽのお弁当箱を持って
帰ってきてくれる様子からして、
エンバランスに買い替えたことは
よかったと思っています。

私は今、家で仕事をしているので
自分用のお弁当を作ることは
ないのですが・・

もしまた、外で働く機会があれば
自分用のエンバランスのお弁当箱も
手に入れたいな、と思っています。

今週、夫は夏休みをいただいていたので
私のお弁当作りもお休みでした。

来週からまた張り切って、
おいしいお弁当を作ります。^^



スポンサーリンク


Facebookページで、日々のお弁当を紹介しています。
「いいね!」いただけたらうれしいです♪

« »

コメント

  • おひさしぶりです!

    私もエンバランスのもの色々持ってます!
    お弁当箱はないんですけど。

    同じだ~と思って出てきてしまいました。

    2015年9月13日 10:21 AM | 神戸の渡辺

  • 渡辺さん、コメントありがとうございます(^^)/
    その節はお世話になりました。

    エンバランス、いろいろお持ちなんですね。
    私も、他のものも使ってみたいです。

    2015年9月15日 4:04 PM | ひなた@管理人

コメントお待ちしています(お返事ができない場合もございます。ご了承ください)





トラックバック

トラックバックURL: http://hinata-seed.com/embalance-lunchbox/trackback/

コメントフィード

PAGE TOP ↑