2018.8.13

きれいな部屋をキープする、たった1つの方法

暮らしのこと すっきりと暮らす 掃除、片づけ


今日のブログ、
自己啓発本みたいなタイトルに
なっちゃいました(笑)

部屋をきれいに保つために、
毎日、1時間も2時間も掃除するのは
難しいですよね。

というか、私には
ぜーったいムリです(`・ω・´)キリッ
だって、掃除のほかにも
やらなきゃいけないことも、やりたいことも
いっぱいあるもん。

それでも。
できるだけ、部屋をきれいに保つためには
どうしたらいいかな、と考えた結果
「たった1つの方法がある」というところに
行きつきました。

もしかしたら、すでに
さまざまな「お掃除ノウハウ本」に書かれているような
手垢のついたアイデアかもしれませんが。
(お掃除のノウハウ本は殆ど読んだことがないので、
よくわかりませんが)
一応、書いてみます。

それは
「1日5分、
【昨日掃除していない場所】を、1か所だけ掃除する」

ただそれだけです。

床になにか散らかってあるならば、
それを拾ってもとの場所へ戻す、でもよし。

机の上のほこりを拭くだけでもよし。

玄関のドアを拭くだけでもよし。

鏡を磨くだけでもよし。

冷蔵庫の中を簡単に片づけて、
ささっと汚れを拭くだけでもよし。

そのうえで、もしも
「今日は時間あるから、
30分掃除してもいいかな」と
思えたならば、2か所でも3か所でも
掃除すればよし。

ただし、絶対に頑張り過ぎないこと。
「えー、もっとやりたい」ぐらいで
止めておくのです。

そこで頑張りすぎてしまうと、
燃えつきてしまい、翌日掃除をする気が
失せてしまうからです(笑)
頑張っていいのは、年に1度の大掃除ぐらい。

そして、1日掃除しなかったぐらいで
いちいち凹まないこと。
1日や2日、いや、1週間?ぐらい
掃除しなくたって、どうってことない。

という感じに決めて、
ゆるーくゆるーく、あまり深く考えずに
日々のタスクをこなすのです。

それだけで、必然的に
「きれいな場所」が増えていきます。
そして部屋の雰囲気や空気が、必ず
心地よいものに変わります。

そうなると、ますます掃除したくなって
「排水溝を今日は掃除しよう」
「エアコン掃除してみよっかな」なんて風に、
ちょっと気合のいる箇所にも手をつけよう、という
気分になってくるのです。

そこでも要注意なのですが、
いくらメラメラとやる気モードになっても
「頑張りすぎない」というスタンスは保つこと。

なお、これはあくまでも私の場合ですが
「水拭き」は、できるだけ毎日
どこかの箇所をやるようにしています。

部屋全体の床を水拭きするのがベストですが、
時間がなくて難しいなら
台所だけ、トイレだけ、とか。
それなら、5分もあればできます。

から拭きではなく、「水拭き」をするって
とても運気が上がる行動だそうです。
部屋がきれいになって、しかも運気が上がるなら
やって損はないですよね。
しかも、お金もほとんどかからない。

壺とか買わなくても、とりあえず
掃除しとけばいいんじゃないでしょうか(笑)

「1日5分、
【昨日掃除していない場所】を、1か所だけ掃除する」

完璧主義が仇になり、
「昨日全然掃除できなかった。ダメ人間だわ」と
意気消沈してしまう私には、
これが最もぴったりな考え方でした。
もしよろしければ、おすすめです。

この記事の最初に載せた写真は、
我が家の台所の一角です。
狭くて、コンセントの位置もイマイチで
使い勝手がよい、とは決していえない台所。

でも、「1日5分掃除」をしているおかげで、
いつもこのぐらいは整頓された状態を
キープしています。

次回予告。

飽きっぽい私が、掃除を楽しく続けるための
「お掃除グッズ」を紹介します。
(ほぼ、100均で調達しています)



スポンサーリンク


Facebookページで、日々のお弁当を紹介しています。
「いいね!」いただけたらうれしいです♪

« »

PAGE TOP ↑