雑穀「ひえ」で甘酒づくり

食と健康 つぶつぶ(雑穀)料理


雑穀の「ひえ」を使って
甘酒づくりをしました。

今月の初め、
「未来食セミナー Scene2」
受講した際に
習った作り方です。
とても簡単です。

「雑穀を使って甘酒を作る」
という方法があること自体、
全く知らなかった私。

セミナーで、甘酒づくりの
すべてを見てはいたものの
「これでいいのかな?」と
ちょっとドキドキ。
でも、無事に完成しました。

出来上がった甘酒を、
さっそく一口食べてみて
思ったこと。

「あまーーーい!!」
(↑スピードワゴン。古い?笑)

この甘酒は、
そのまま飲むというよりも
スイーツ作りや、料理などに
使うためのものです。
(白砂糖を含め、
すべての砂糖を断つために
活用する食材なので)

よって、出来上がった甘酒は
濃くてとろっとした仕上がりです。

さっそく、甘酒を使って
お菓子を作ってみました。

「甘酒ビスケット」です。

この作り方も、セミナーで習いました。
とても簡単です。
粉と甘酒を混ぜて
成型して焼く、
ただそれだけです。

ついに我が家も、
「コンベクションオーブン」を
買いました♪

「オーブンレンジはもう要らない。
【オーブン機能だけ】欲しい」と
ずっと思っていたので、
念願がかなってうれしいです。

電子レンジの危険性を
知った数年前、
独身時代から使い続けていた
オーブンレンジを手放しました。

初めは
「レンジがないと困るんじゃ・・」
なんて思いましたが、
正直、ぜんっぜん困っていません。

レンジがないなら、蒸し器で。
蒸し器がないなら、ふつうのお鍋で
蒸せばいいだけのことです。

ちなみに、私のブログは
「551 温め直し」というキーワードで
お越しくださる方が
とても多いのですが
(皆さん、551お好きですね?私も好きです。笑
今は関東在住なので、食べる機会もないですが・・)
豚まんも、レンジより
蒸し器やお鍋で温め直したほうが
絶対においしいですよ。

↓こちらの記事もどうぞ。
【551の豚まん(家でおいしく温めなおす方法) 】
http://hinata-seed.com/551-butaman/

さて、話を戻します。

焼けたビスケットは
ざるの上で少し冷まし、

乾パンの空き缶に詰めました。
(乾燥剤といっしょに)

ほろほろっとした食感、
素朴な味わい。
初めてにしては
とてもおいしくできました。

はらぺこで毎日帰って来る夫。
なるべく帰宅の時間に間に合わせて
晩ごはんを作ってはいますが、
少し待たせてしまうこともあります。

そんなときのために、
空腹を紛らわせられるような
おやつが作りたい、と思っていました。
それも、砂糖不使用のものを。

できるだけ毎日、
手作りのおやつを家にキープして
「おやつはガマンしない。
でも、ヘルシーなおやつが食べたい」
という
理想を、現実にしていきたいと
思っています。



スポンサーリンク


ブログの更新状況をFacebookページに載せています。

« »

コメントお待ちしています(お返事ができない場合もございます。ご了承ください)





トラックバック

トラックバックURL: http://hinata-seed.com/hie-amazake/trackback/

コメントフィード

PAGE TOP ↑