2018.9.12

人見知りを克服するのはやめましょう

私のこころのこと つぶやき


独身時代、
「人見知りを克服したい。
そのためには、新しい環境に
どんどん身を置いてみよう」と決意し
さまざまな自己啓発系の勉強会やセミナーに
参加してみたことがあります。

……その結果、私の身に何が起こったか。

「疲れた」だけでした。
翌日寝込んだこともありました(笑)

あるセミナーに参加したときのこと。

その会場に足を踏み入れた瞬間、
会場の空気が
ギラギラしているのを感じました。

「キラキラ」ではありません。
「ギラギラ」です。

セミナーで学びたい、というより
「人脈を広げたいんです、
だから今日ここに来てるんです!」と
考えている(と思われる)人々の熱気で
むせかえるほどでした。

あぁ、しまった。
場違いだった。

そう思いましたが、
受講料は振込済だったので(笑)
何とか、全ての講座には通いました。
しかし私に残ったものは、疲労だけでした。

(余談ですが、私は
「ギラギラ」も「キラキラ」も、どっちも苦手です。
「月の光ぐらいの明るさ」のメンタルでいつもいたい、と
思っています。
私のハンドルネームは「ひなた」ですけどね。笑)

また、
「仲の良い人が勧めるイベントなら、
とりあえずお試しで参加してみよう」と
イベントの内容をよく確認もしないまま
足を運んでいた時期もあります。

今振り返ると、かなり無謀だったと思います(笑)

同じ職場で親しくなった方から
「すごくためになる勉強会があるから」と
誘われて行った先では、
ウン十万円の浄水器を売っていました。

ウン十万の浄水器、そのものが
いけないわけではありません。

当時は、3.11の後だったこともあり
口に入れるものに対して
誰もが敏感になっていた時期です。
きっと、すごく性能のよい
浄水器だったのだと思います。

ただ、一人暮らしの私には
特段必要性を感じませんでしたし、
他社のお手ごろな浄水器を使っていたので
その浄水器は買いませんでした。

その後も、彼女から
「あの浄水器、すごくいいよね~。どう?」と
声はかけられましたが
「もうすぐ結婚退職して、引っ越すから」と
断りました。

「引っ越し先でも使えるよ!」とも
言われましたが、のらりくらりとかわして
そのままフェイドアウト。

ちなみに、私が引っ越した先は
浄水器が要らないほどにお水がおいしい
北海道でした。

それらのセミナーや勉強会に行ったのは
言うまでもなく、自己責任です。

ギラギラ(?)セミナーでも、
浄水器の勉強会でも、
自分にとって必要な情報を
しっかり持ち帰れる人は
たくさんいるでしょう。
私が、できなかっただけです。

ただ、数々の失敗を経て感じたのは
「寝込むほどに無理して、
いろんな集まりやセミナーに参加して
人見知りを克服しようとするのは
もうやめよう」
ということです。

社交的で、人と会うのが大好きな方なら
さまざまなイベントで人とのつながりを
積極的に作っていけるのだと思います。

しかし私は、そういうタイプではありません。

いろんなセミナーに参加したところで、
人見知りは克服できません。

というか、
克服する必要はありません。

人見知りなまま、外の世界に接して
人見知りなままでもお付き合いできそうな方と
関係を築いていけばいいのです。

無理して明るくふるまって、
楽しそうなふりをしていたら
自分があまり望んでいない
(無理しなければお付き合いできない)
人間関係ができあがってしまう
おそれがあります。

今は、人見知りなまま
「これは本当に勉強してみたい」と思った
セミナーや勉強会だけに参加して、
時間とお金を使っています。

もし、一度参加してみて
「自分には合わないな」と、ピンと来たものは
なるべく早めに辞めます(笑)

ちょっと頑張れば楽しくなりそうな学びなら
続けますが、
「そもそも自分に合わないもの」って
直感でわかるものです。
その直感は、だいたい合っています。

ということで、私はこれからも
人見知りなまま生きていきます。

人見知りでも、
「自分から挨拶する」
「聞き役になり、相手の話をふくらませる」
「たわいもない話をこちらから振る」
(「今日はいい天気ですね」とか)

以上3つができれば、
大概の人付き合いは、なんとかなります。



スポンサーリンク


Facebookページで、日々のお弁当を紹介しています。
「いいね!」いただけたらうれしいです♪

« »

PAGE TOP ↑