2018.8.25

「情報を信じない」こと

つぶやき


美容室に行くと、
ふだん読まない雑誌を
たくさん読めます。

誌上で踊る、特集の数々。

「マンションは30歳ぐらいまでには買うべき」
「○○を、1日○グラム食べるべき」
「○○は食べてはいけない」
「オトナ女子は○○がマストアイテム」
「都心に住むべき」
「郊外に住むべき」

雑誌のページをめくるたび、
情報の大波小波。
どんぶらこ、どんぶらこ。

…30歳前後でマンションを買っている方って、
そんなに多くなかった気がするけどなぁ。
(以前、住宅ローンの仕事を5年半していました)

「○○を、1日○グラム食べるべき」
という特集記事。
そこに載っている料理レシピを見て
「この食材、買っても使いきれなさそう…」と
心の中で突っ込んでみたり(笑)

ほかにも、
さまざまな情報?
単なる広告??なページを、
あれこれ読みあさります。

参考にしているわけではありません。
「へー。こういう考えが今、流行っているのか。
(流行らせよう、としているのか)」と、
客観的に眺めているだけです。

私は基本的に、情報をすぐには信じません。
初めはとにかく、とことん疑ってかかります。

「やせる!」「健康になれる!」ともてはやされ、
売れすぎて、一時期はスーパーから消えていた食品が
今はまったく話題にものぼらない。
よくある話ですよね。

そういえば、
「納豆ダイエット」がテレビで
話題になった頃もありました。
ねつ造だったそうですが…。

「住みやすい街ランキング」なども
まったく、まっっったく(←くどい?笑)
信じないです。
住みやすいか、住みにくいかなんて
人それぞれだもの。

「○○さんが言っていたから、いい情報」
「○%の人が『これいい!』と言っているから、いい情報」
「行列ができているから、あのお店はきっとおいしいはず」
という考え方を、私はしません。

人の考え方には、主観が入るからです。

また、新聞や雑誌、テレビなどのメディアには
スポンサーがついている場合が多いので
どうしてもスポンサーの影響が強い情報が
提供される可能性があります。
なので、話半分ぐらい(半分以下のときも)で
見聞きしています。

ネット上の情報も、デマがかなり多いです。
特に「まとめサイト」なんて、
一見きれいにまとまっていますけど
中身はスッカスカだったりしますし。

(余談ですが。
ドラマのワンシーンなどで、
彼女が彼氏に
「私、あなたのこと信じてたのに~!」と
泣きながら訴えているのにも、違和感を覚えます。
「人のこと、そんなに信じちゃダメでしょ」
とか思っちゃいます、、笑)

もちろん、数ある情報の中で
「ピンときた!」と思うときもあります。

でも、「その情報を今すぐ取り入れよう!」と
思ったことは、私はあまりありません。
まず、自分に合いそうか、必要そうかを
調べます。

慎重派すぎて、もしかしたら私は
損をしている部分もあるのかもしれません。
早く動けば、その分いい情報が
得られるのかもしれない。

でも、これからもたぶん私は
慎重に、客観的に考えながら
情報を選び取っていきます。
その結果、幸せに過ごせていますから。

人より、動きは遅いかもしれません。
でも人と比べて、何かいいことはありますか?
落ち込むことのほうが、多いのではないでしょうか。

自分のペースで、情報を得る。
そして、その情報を調べて
自分に必要かどうかを見極める。

「情報を、人の言うことを、すぐには信じない。
自分で確かめてから、取り入れる」

そのぐらいがちょうどいい、と思っています。



スポンサーリンク


Facebookページで、日々のお弁当を紹介しています。
「いいね!」いただけたらうれしいです♪

« »

PAGE TOP ↑