2017.3.30

「自立する」と「相手の思いを突っぱねる」は違う

私のこころのこと


「はい、これ」

先日、仕事から帰ってきた夫から
いきなり手渡されたのは、
ちょっと厚みのある封筒でした。

中身は…

諭吉様。

びっくりして
「え、どうしたの?」と聞いたら、
「勉強に使って」と。

以前も、彼がそう言ってくれたことが
何度かあります。

でも私は、反射的に
「大丈夫!私も蓄えあるし!」
ついつい、そう言ってしまっていました。

(実際、独身時代の蓄えがありますし
現在も収入はあるので、
自分の学費は自分でまかなえます)

依存したくない。
自立していたい。
そんな思いが強かったのです。

でも。
今は、ありがたく、ありがたく
彼の気持ちをいただくことにしました。

ふたり、向き合って正座し
私は両手で封筒を受け取り、
「ありがとうございます」
そう、お礼を伝えました。

ここ数年は、欲しい本があるときも
彼が自ら「楽天ポイントたまってるから
それで買うよ」と言ってくれるので、
ちゃっかり、あてに?
もとい、頼りにしています(笑)

「自立する」ことと、「相手の思いを突っぱねる」こと。

たぶん、その2つには
大きな違いがあります。

信頼している相手から寄せられた思いは、
一言でいえば「愛」。

その愛を突っぱねることなく、
せき止めることなく、
ありがたく受け取るのも大事なはず。

私は無意識に、
「人に迷惑をかけるのはよくない」と
遠慮してしまう時があります。

でもそんな時、彼は私に言います。
「迷惑かけてない人なんて、
世界中どこにもおらへんで。
みんな、人と関わらないと
生きていかれへんやろ?」

たしかにそうです。
そもそも「迷惑をかける」って、なんだろう?

人と関わり、何かしてもらうのが
全部「迷惑をかける」だとしたら、
通りすがりの人に道を尋ねることも、
友人の家でお茶をごちそうになることも、
先輩から新しい仕事を教えてもらうことも、
全部「迷惑をかけている」ことになる…?

そんなわけ、ありません。

愛を受け取ったら、
こちらからもお返ししよう。

そして、めぐりめぐる愛の流れを
せき止めないで受け取って
またどんどん、めぐらせていこう。
あらためて、そう思いました。

彼がいつも、気づかせてくれます。
ありがとう。



スポンサーリンク


Facebookページで、日々のお弁当を紹介しています。
「いいね!」いただけたらうれしいです♪

« »

コメントお待ちしています(お返事ができない場合もございます。ご了承ください)





トラックバック

トラックバックURL: http://hinata-seed.com/jiritsu/trackback/

コメントフィード

PAGE TOP ↑