2016.7.19

「スマホを辞めたいです」

暮らしのこと


6月は、新しいことに
チャレンジした月でした。

「せっかく東京に戻ってきたんだから、
以前から勉強したかったことに
足を踏み入れよう」
そう決めていたのです。
(居住地は神奈川ですが)

おかげで、たくさんの収穫があり
心境の変化もありました。
自分の中の軸が、ますます
太くなってきていることを感じます。

しかし、それらのことも含め
書きたいことが、心の中で
滝のように「ざーーーーーーーっ」と
流れ続けている状態で。

あまりに流れの勢いが強すぎて、
どこから手をつけていいかわからない。

なので、ブログが書きたいのだけど
なんだか筆が進まない。
そんな状態でした。

というか、今もそんな状態です。
書きたいけれど、なかなか書けない。

でも、そろそろ
書けそうなことから
書いていこうかな、と思います。

先日、あるラジオ番組を
聴いていたときのことです。

リスナーさんからのメールを募る際、
「あなたが”辞めたい”と思っていること」
というお題だったのですが
20代の男性から届いたメールで
こんな内容のものがありました。

「僕は、スマホを辞めたいです。
ついつい無意識にスマホを触って
あっという間に時間が過ぎてしまい、
やろうとしていたことができなかった、
なんてことが多々あるからです」

あぁ、それすっごくわかる!
スマホやめちゃえ!!
楽になるぞ~!!

と、思わずラジオに向かって
話しかけてしまいました。(笑)

スマホを2年使った後、
ガラケーに出戻った私。
(正確にいうと、iPhoneをやめて
iPad+ガラケーに変えました)

2年前、iPadは1台だけ購入して
夫婦で兼用していましたが
今は旧型を夫が使い
新型を私が持ち歩いています。

近所に出かけるときは
ガラケーだけ持っていき、
少し遠くへ移動するときは
iPadも一緒に持っていく。
調べものは、できるだけ
家に帰ってからパソコンで。

日ごろから、そんな使い方をしています。

まぁ、
「家に帰ってから調べよう」と思っていて
家に着くと
「あれ?何調べたかったんだっけ?」と
いうことも、時々ありますが(笑)。

それから、電車に乗るとき
一応iPadも持っていきますが
本も1冊持っていきます。

なぜなら、地下に入ると
私が持っているモバイルWi-Fiは
圏外になるからです。

iPadと本をバッグに入れていると
それなりに重いんですが(笑)
だらだらネットする時間が減るので
それはそれでいいかも、と考えています。

ガラケーの、シンプルな設定と
押しごたえのあるボタン操作が
自分には合っています。

なので、もうスマホには
たぶん戻りません。

スマホが悪いわけじゃありません。
「手のひらで使えるパソコン」とも
いえるスマホは、やはり便利です。

ただ、あふれる情報の仕分けがうまくできず
時折ネットから離れないと疲れてしまう自分には
向いていないから、使いたくないのです。

実は、私のブログに
たどり着いてくださる方の
検索キーワードを調べてみると
「ガラケー」や「ガラケーとiPad」
というのが、かなり多いです。
その方たちは、こちらの記事にヒットして
くださっているようです。

ですので、もしかしたら
ラジオにメールを送っていた方のように
「スマホやめたいな。
ガラケーに戻して、iPadと
2台使いにしようかな~」と
お悩みの方も
少なくないのかもしれません。

そうそう。
先日、ある勉強会に参加したとき
私の両隣に座った方おふたりとも
ガラケーでした。

おふたりとも、
「スマホは使ったことないです、
通話とメールだけできれば十分だから」と
おっしゃっていました。

「もう、ガラケー使っている人って
希少な存在なんだろうなぁ」と思っていたので、
なんだかとてもうれしかったです。

ちなみに、私の夫もまったく
同じ考えを持っており、
ずっとガラケーを使い続けています。

”スマホ、やめちゃおっかな?”

そう思っている方がもしいたら
「やめてみたら?楽になるよ~」と、
アドバイスしたいです。

何年か経ったら、
「ガラケーのほうがおしゃれ!機能的!」って
言われる時代が来るんじゃない?
なんて、思っています。

ほら、昔なつかしい「黒電話」だって
今となっては味わい深さが感じられて
おしゃれでしょ?(笑)



スポンサーリンク


Facebookページで、日々のお弁当を紹介しています。
「いいね!」いただけたらうれしいです♪

« »

コメントお待ちしています(お返事ができない場合もございます。ご了承ください)





トラックバック

トラックバックURL: http://hinata-seed.com/keitai/trackback/

コメントフィード

PAGE TOP ↑