くせ毛と生きていく

私のこころのこと つぶやき


先日、髪の毛をばっさり切りました。
こんなに短くしたのは、何年ぶりでしょう。

↓beforeの写真はこちら。

今まで、転居をするたび
さまざまな美容室のお世話になってきました。

そんな中、私がほとんどの美容師さんに
言われ続けてきた言葉があります。

「ひなたさんの髪の毛は、くせがとても強いです。
短く切ってしまうと、後が大変ですよ」

私は天然パーマです。
さらに髪の毛はとても多く、固い。
おそらく、美容師さんをかなり悩ませるタイプです。

剛毛(多い・硬い・くせ毛)あるある
読んでいたら、
あまりに当てはまる項目が多すぎて
爆笑しちゃいました。

今はこうして笑えるし、ネタにもできるけれど。
小学生の頃、クラスメイトからいつも
くせ毛をからかわれていたのは
少々しんどかったかな・・・。

私のようなくせ毛だと、
ショートカットなどにした場合
髪の毛がふくらんだり、うねりが目立ったりして
どうにもこうにも収拾がつかなくなってしまいます。
(20歳の頃、ショートカットにして大失敗し
ものすごく後悔した覚えがあります…)

美容師さんに止められるという理由もあり、
私はかれこれ20年近く
肩につかないヘアスタイルにしたことは
ほとんどありませんでした。

髪の毛が長ければ、くせが出てしまったり
朝寝ぐせを直す時間がなくても
ゴムで結べばなんとかなります。
ある意味、ショートヘアより楽なのです。

しかし、以前から私は
「もし、くせ毛を活かしたヘアスタイルができるなら
そうしてみたい」
という、淡い期待を持ち続けていました。

それから私は、20代の頃から
縮毛矯正を定期的にかけ続けてきました。

縮毛矯正は、髪の毛がまっすぐさらさらになるので
本当に快適です。
梅雨の時期は、特に助かります。

しかし・・・
天パの私は、少なくとも
半年に一度縮毛矯正をしないと
髪の毛がもさもさしてしまいます。

「もさもさし始めた頃」が、自分にとって
とってもストレスなんです。

1.縮毛矯正をする
2.髪の毛サラサラ♪
3.2~3か月後、伸びた髪の毛がうねり出す←このへんからストレス
4.全体的にもさもさしてくる
5.ストレスMAX
6.「1」へ戻る
7.以下繰り返し

このループから、私は抜け出したくなりました。
縮毛矯正に疲れてしまったのです。

「くせ毛を活かしてカットしてもらえる
美容室を探そう」
そう決めて、ネットでお店を調べ始めました。

先日、私はネットで見つけた美容室に行き
上記の希望をそのままお話しました。

担当してくださった美容師さんは、
縮毛矯正のプロフェッショナルでもある方ですが
思いのたけをぶつけました。
「もう、縮毛矯正に疲れちゃったんです」と。
爆笑されました(笑)正直すぎてすみません・・・。

その後美容師さんは、私の髪の毛を触ったり
全体をじっくり見た後に
笑顔でこう断言されました。

「大丈夫!このクセは活かしてカットできますよ。
クセって、活かせるものと活かせないものがあるんですが
これは活かせます。」

あぁ・・・希望の光。

もう私は、まな板の鯉です。
おねがいします!!

それから約1時間。
くせを活かしつつ、とってもすっきりした髪型に
仕上げていただきました。

カットが終わった後の床は、まっくろくろすけの
たいへんな状態になっていましたが^^;
それを見るとまるで、私がこれまで勝手に抱えこんできた
要らない悩みや迷いまで
髪の毛と一緒に切り落としていただいたような
気持ちがしたのでした。

うん、これはまさに
思い描いていたヘアスタイル。
ありがとうございます!!

シャンプーも、ドライヤーも
とっても楽になりました。
しかも、それなりに長さはあるので
料理するときなど、後ろに束ねることもできます。
いいことづくめです。

不器用な私は、
美容師さんがしてくださったみたいに
きれいにブローができないのですが^^;
なんとなくコツはつかめてきたので、
大丈夫そうです。

今回のカットで、私は
くせ毛を愛し、ともに生きていく
決意ができました。

当分は、くせを活かした
このヘアスタイルを楽しんでみようと思っています。

今後、また縮毛矯正をしたくなったら
それはそれでOK。
自分の気持ちを、もう否定したりはしません。

頭も心も軽やかに、また一歩進んでいけそうです。



スポンサーリンク


ブログの更新状況をFacebookページに載せています。

« »

コメントお待ちしています(お返事ができない場合もございます。ご了承ください)





トラックバック

トラックバックURL: http://hinata-seed.com/kusege-ok/trackback/

コメントフィード

PAGE TOP ↑