「コーヒーを頼んでもいいんだよ」

私のこころのこと つぶやき


「自分は、本当はAだと思っている。
でもあの人に申し訳ないから、Bだと言っておこう」

これは、昔の私がいつも思っていたこと。

極端に言うと、友達とお茶を飲みに行ったとき
「友達は紅茶を注文した。
私は本当はコーヒーが飲みたいんだけど、私も紅茶にしておこう」
いつもこんな感じだった。

「あなたも紅茶にしなさいよ」
と、友達に言われたわけではない。
でも人と別なものを選ぶと、その人に悪いような気がしていた。
その人の意見を無視している、その人を受け入れていない。
そう思われるのが、怖かったのだ。

でもある時、ある人に言われた。

「コーヒーが好きなら、コーヒーを頼んだっていいんだよ。
あなたが好きなものを選んだからって、”あなたのこと嫌い!”って
言う人なんていないよ。
もし仮にそんな人がいたら、その人との付き合い自体を見直しなさい」

「目から鱗が落ちる」とは、正にこのことだった。

人に嫌われることを恐れ、人の意見に流され、
「なんで私のことをわかってくれないの!」
と、一人で勝手に心の中で怒っていたのは、私だった。

もっと楽に生きよう。
好きなものを選ぼう。

私には、その権利がある。

そう思えるようになるまでは、だいぶ時間がかかった。
でも私には、必要な時間だった。

これからもっと、よりよく生きていくために。
私は、次の扉を開く。



スポンサーリンク


ブログの更新状況をFacebookページに載せています。

« »

コメントお待ちしています(お返事ができない場合もございます。ご了承ください)





トラックバック

トラックバックURL: http://hinata-seed.com/like-coffee/trackback/

コメントフィード

PAGE TOP ↑