【ネタバレあり】山崎まさよしライブ・2016年2月@神戸

山崎まさよし


【ご注意】
この記事は、後半から
ライブに関するネタバレがあります。
セットリストの写真もあります。

「これからライブに行くので
見たくない」という方は
十分ご留意ください。

今さらですが、
2月の初めに神戸で参戦してきた
山崎まさよしのライブのお話を
書きます。

2月7日(日曜日)、
神戸国際会館 こくさいホールで
開催された
山崎まさよしライブツアー
「”Twenty First Century Men”
TOUR 2015-2016」に
行ってきました。

その前に、私の
「まさやんファン歴」について
書いてみようと思います。

前もってお断りしておきますが、
たぶん今回のライブレポートより
この「ファン歴」についてのほうが
話が長くなります(笑)

長いこと私は、
山崎まさよし(まさやん)のファンを
やっております。

今は退会していますが、
ファンクラブにも10年以上
入会していました。
1999年の入会でしたから、
私が20代前半の頃ですね。

いや~、あの頃はもう
本当に本当に、
まさやんのことが大好きでした。

家でも、車の中でも、
会社のお昼休みにも、
いつどこで何をしていても、
まさやんの音楽を聴いていました。

映画「月とキャベツ」は、
ビデオテープが擦り切れるのでは?と
いうほど、何度も何度も観たし
ドラマ「奇跡の人」も
毎週ビデオ録画しながら
欠かさず観たし。

CDはもちろん、
シングルもアルバムも
全部買いました。

Mステにまさやんが出る日は、
ビデオをセットしながら
今か今かと出番を待ちました。
ラジオ番組も然り。

ライブにも毎年、
一人で足を運びました。
青森でも、関東に引っ越してからも
毎年、毎年。

ライブに行って、
彼の生の音楽に触れられることが
1年で1番の楽しみでした。

ファンクラブに入っていた頃は
ライブで良い席を取れることが
比較的多かったので
(自分の中で最も良い席だったのは、
旧「渋谷C.C.Lemonホール」の
1階席、前から3列目)
彼の音楽をより堪能できました。

まさやんの存在は
「元気の源」であり
自分の心の状態を知るための
「バロメーター」でもありました。

「ツバメ」を聴いては涙を流し、
「振り向かない」を聴いては
胸がきゅんとなり、
「晴男」を聴きながら、
自分を奮い立たせて会社に向かい・・・

彼の作り出す音楽に、私は
どれほど救われ、癒され、慰めされ、
励まされ続けてきたことでしょう。

今振り返ると、
赤面してしまうほどに激しかった
「まさやん熱」。

でも、自分の生活環境が
変わっていくにつれ
少しずつその熱にも
変化が現れました。

ライブに行けないことが、
それほど辛くなくなって
いったのです。

まさやんのファンでは
あり続けているのだけれど、
情熱の炎の大きさがどんどん
小さくなっていきました。

熱狂的ファンだった頃の心を
「キャンプファイヤーの炎」と
例えるならば、
ライブに行けなくても大丈夫になった心は
おだやかな「ろうそくの炎」。
そんな感じでした。

ファンクラブを退会し、
ライブにも行かなくなり、
数年の歳月が流れ…

・・・って、
ここまで熱く書いておいて
自分の過去のブログを
読み返してみたら。

一昨年の7月、
岸和田でのまさやんライブに
参戦したときの記事
にも、
似たような話を書いているでは
ありませんか(笑)

そうそう、思い出した。

しばらくライブから足が
遠のいていたのだけれど、
久しぶりに一昨年、
ライブに行ってみたら
やっぱりものすごく
楽しかったのです。

それで、
「またできるだけ、ライブ行こう」と
決めたのでした。

前置きが長くなりすぎました。

さて、今回の神戸公演の座席は
3階席の2列目でした。

決してよい席ではありません。
でも、致し方ありません。
ライブ3日前に買ったチケットだし。

しかしいざ、ライブが始まると
座席のことはまったく気にならないほどに
まさやんの世界に引き込まれました。

まさやん、ゲンタさん、キタローさんの
おなじみゴールデントリオが奏でる
迫力ある楽曲たち。

かっこいい!

あぁ、やっぱり、
まさやんはかっこいい!!

・・・あ、1つウソつきました。

「座席のことは
まったく気にならなかった」のは、
ウソです。

だって、1階席の方たちは
曲に合わせてノリノリに
踊り狂っているのに
3階席では、誰も踊って
いなかったのです。
手拍子も控えめだし。

(もちろん、ライブの楽しみ方は
人それぞれです。
静かに楽しむのも一つの方法です)

でも、でも・・・

私は踊りたい!
手振りしたーーい!!

なので、1階席と同様のノリは
さすがに無理でしたが
できる範囲で
控えめに座ったまま踊り、
控えめに手振りし、
控えめに叫びました(笑)。

【ご注意】
ここから先は
ネタバレの要素を含みます。
セットリストの写真もあります。

「これからライブに行くので
見たくない」という方は
十分ご留意ください。

まさやんが
MCで話していたことで、
印象に残っていたのが
この言葉です。

「今日、こうして
ライブに来てくれてる人の中でも
いわゆる【山崎離れ】をしてた人が
きっといてると思うんです。
ステージから観てると、
だいたいどの人がそうか、わかります」

ぎくっ。
それ、私じゃん。

おーい、まさやーん、私は
3階席ですよー。
バレバレですかー?(←妄想。笑)

まさやんは話を続けます。

「でもね、こうしてまた
久しぶりにライブに
来てもらえることは
本当にありがたいんです」

はい。すみません。。(←なぜ謝る?笑)

ちなみにMC中、
まさやんによる
観客の皆さんの年齢調査が
行われたのですが・・・

下は小学生の女の子、
上は80代の方が
ライブにお越しでした。

1階席最前列には、ノリノリな
10代の女の子もいました。
ファン層、本当に幅広いですね~。
まさやんご本人も
とても喜んでいる様子でした。

ギリギリ30代の私も、
嬉しい気持ちで
いっぱいになりました。

笑ったり、きゅんとしたり、
水を打ったような静けさの中
次に奏でられる曲を待ったり。

心の底から堪能した2時間半。
アンコールも2回の大サービス。

ただ・・・

Wアンコールを楽しみながら、私は
こう思っていました。

「あぁ、楽しい~。
でも、私の大好きなあの曲は
今回歌わなかったなぁ。
もうそろそろ、ライブ終わりそう」

でもその矢先、
Wアンコールの最後の最後に
その曲は歌われました。
私が聴きたかった、その曲が。

涙を禁じ得ませんでした。

バッグのハンカチを
探すことすらせず、
その曲をひたすら味わいました。
頭からつま先まで
しみこませるかのように。

曲が終わり、
灯りの戻ったステージ上のまさやんに
力いっぱい拍手を送りつづけました。
パンダ目のまま。

まさやん、今回も
すばらしい時間を本当に
ありがとうございました。
また、会いに行きますね。

最後に。
神戸でのセットリストはこちらです。

1曲目が、正直言って意外でした。
長年ライブに行っているけれど、
ライブで聴いたのは初めてだったかも。

↓写真をクリックすると大きくなります。

セットリストを撮りたいお客さんで
会場内がごった返していたため、
この角度で撮るのが精一杯でした。。

私が泣いた曲。
ファンの方なら、きっと
「あぁ!」って思ってくださるはず♪



スポンサーリンク


ブログの更新状況をFacebookページに載せています。

« »

コメントお待ちしています(お返事ができない場合もございます。ご了承ください)





トラックバック

トラックバックURL: http://hinata-seed.com/masayan-kobe-live/trackback/

コメントフィード

PAGE TOP ↑