2014.3.28

引っ越しに向け、オーブンレンジを手放しました

暮らしのこと


来週の引っ越しに向け、片付け中です。
荷物の詰まった段ボールが、少しずつ増えてきました。

今回の引っ越しでも、もう使わなくなったものを
いくつか手放しました。
(ごみ処理場に持っていきました)

その中のひとつが、オーブンレンジです。

オーブンレンジは、私が29歳の時に買いました。
青森から千葉へ単身で引っ越し、
初めての一人暮らしをスタートしたときのものです。
独身時代、私の食生活をずっと支え続けてくれていました。

しかしながら、そのオーブンレンジ。
結婚後は全く使わなくなったため、
ずっと物置にしまっていました。

なぜなら我が家は現在、
「電子レンジを使わない生活」をしているからです。
詳細は昔、別なブログに書きました。

電子レンジを使えば、生活はものすごく便利になります。
時短にもなります。

でも私は、電子レンジを使いません。
なぜなら多少手間がかかっても、おいしくて安心なほうを
選びたいからです。

たとえば、ポテトサラダを作るとき。
レンジでじゃがいもをチンすれば、簡単です。

でも私はじゃがいもを鍋で蒸すか、茹でるかして作ります。
そのほうが、じゃがいものほくほくした食感がよく出て
おいしく作れるような気がするのです。
(あくまでも自分比、です)

ご飯が残った時は翌日、お茶漬けや雑炊にして食べます。
もしくは翌日ごはんを少なめに炊き、炊きあがったごはんの上に
冷やごはんをのせて、お鍋(もしくは炊飯器)の蓋をすれば、
ごはんはものの数分で、簡単に温まります。
わざわざ、冷やごはんだけを温め直す必要はありません。

それから電子レンジを使うこと自体、身体への影響がないのかも
気になるところです。

「電子レンジ 影響」などといったキーワードで
ネット検索すると、さまざまな情報が出てきます。
「そんなのいちいち気にしていたら、何も食べられないよ」
という意見もあるでしょう。
信じるかどうかは、自分次第です。

基本的に、
「あったほうがいいものは、なくてもいいかもしれないもの」
だと、私は思います。

とにもかくにも。
多少手間がかかっても、おいしくて、安心なほうが好き。
レンジを使わなくなった、最大の理由です。

とはいえ、オーブンレンジを手放すとき
さすがに少し迷いました。
独身時代の思い出がたくさんあったからです。

それに、レンジだけではなくオーブン機能もついているので、
オーブンだけ使えばいいのでは?とも思いましたし。

でも「モノに対して愛情を持つこと」と、
「使わなくなっても、ずっと手元に置いておくこと」は、
必ずしもイコールとは限らないはず。
「感謝して手放す」ということも、
きっと、モノに対する愛情表現のひとつなのです。

それに、物置にずっとしまっておいても困らないということは
オーブン調理も、今の私はほとんど必要ないということ。

トーストや焼き芋、お弁当用のミニグラタンなどは、
魚焼きグリルで十分おいしく焼けます。
お菓子作りも、最近ほとんどしていないし・・・(笑)

というわけで、
「今まで本当にありがとう」
とオーブンレンジに感謝を伝え、手放してきました。

物置が、ちょっぴりすっきりしました。
この調子で、引っ越し準備を進めていきます。

しばらく、ブログの更新はスローペースになるかもしれません。
引っ越して落ち着いたら、またたくさん更新していきます。



スポンサーリンク


Facebookページで、日々のお弁当を紹介しています。
「いいね!」いただけたらうれしいです♪

« »

コメントお待ちしています(お返事ができない場合もございます。ご了承ください)





トラックバック

トラックバックURL: http://hinata-seed.com/microwaveoven/trackback/

コメントフィード

PAGE TOP ↑