「電気代500円。贅沢な毎日」を読みました

暮らしのこと つぶやき


「電気代500円。贅沢な毎日」
(アズマカナコさん著)

図書館で借りてきて、
一気に読みました。

車、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、
そして携帯電話を持たずに
東京郊外で暮らす、アズマさん。
3人のお子さんのお母さまでも
いらっしゃいます。

とにかく驚くのが、
本のタイトルにもある
「電気代(毎月、約)500円」で
暮らしていらっしゃる、と
いうことです。

それも、いやいや我慢して、と
いうことでは決してなく
昔ながらの暮らしを楽しみながら
実践されている、とのお話でした。

今流行している言葉だと、
「ミニマムライフ」という表現が
当てはまると思います。

たしかに、昔の暮らしは
電化製品もなく、車もないのが
当たり前だったんですよね・・・。

ほぉ~、ふむふむ、と
面白く一気に読み終えたあと、
自分の暮らしと
照らし合わせてみました。

まず、我が家の暮らしでは
車も冷蔵庫も洗濯機も必要だし、
固定電話を引いていないので
携帯電話は必要です。

たまごを産んでもらうための
烏骨鶏を飼うことも、不可能です。
転勤族で、賃貸暮らしなので。

・・・と、
「できない理由」を
羅列すること自体
言い訳だし、固定観念かも
しれないですね。

そうは言っても。

人それぞれ、
家族構成も、住む場所も
好きなものも違います。

だから、
「ないと困るもの」
「あったほうがいいもの」
「あってもなくてもいいもの」
「いらないもの」の
振り分けも、人それぞれです。

なので、人と比べること自体
あまり意味をなさないように
私は思います。

・・・まぁ、
それはよーくわかっていても
「あの人の暮らし、素敵。
うらやましい」と
思ってしまうこと、ありませんか?
隣の芝生は青い、と
頭ではわかっていても。

それでいいんです。

私は、誰かに嫉妬したくなったら
心の中で思い切り、メラメラ
嫉妬します。
「うらやましーーー!!」って。(笑)

でも、そのメラメラは
家事や仕事、散歩など
他のことをやり始めれば
勝手に、そのうち燃えつきます。

「嫉妬してはいけない、
見苦しいことだから」と、
水をかけて無理やり鎮火させてしまうのは
あまりよくないように感じます。

話がそれました。

アズマさんもご著書で
おっしゃっていましたが、
本で得た気づきを
できることから無理なく、
楽しく取り入れていけばよいのだと
思います。

私がこの本を手にとったきっかけは、
自分のライフスタイルが最近
少し変わってきたため
「この先どうしたらいいかの
ヒントが欲しい」と思った
ためでした。

独身時代、少ないモノで
一人暮らしをしていることが
正直言って自慢でした。

結婚して転勤族の妻になった今も、
モノを増やさないことをモットーに
過ごしてきました。

でも最近、料理が楽しくなり
調理器具が少しずつ増えてきて・・・

「次の引っ越しが大変になるかな?
でも、料理の勉強は続けたいし
まだ欲しい調理器具もある。
どうしようかなぁ」と
少し悩んでいたのでした。

結局、本を読んで決めたのは
「やりたいことは続ける。
どうしても必要なものは、
たとえ収納箇所が狭くなろうとも
手に入れる。
他に工夫できることが
必ずあるから、それを見つけていこう」と
いうことでした。

モノが少ないほうが、豊かになれる。
私も、基本的にその考えのとおりです。

でも、「あったほうが豊かになれる」と
心から思えるモノに出会えることも
幸せだと思います。

自分のやりたいことをやりつつ、
シンプルで楽しく暮らす。

これからも、試行錯誤しながら
追求していきます。



スポンサーリンク


ブログの更新状況をFacebookページに載せています。

« »

コメントお待ちしています(お返事ができない場合もございます。ご了承ください)





トラックバック

トラックバックURL: http://hinata-seed.com/mylifestyle/trackback/

コメントフィード

PAGE TOP ↑