2016.9.28

流れに乗る力

つぶつぶ(雑穀)料理 つぶやき


「週に一度は、外にごはんに行こう。
たまには家事を楽してほしいから」
と、夫は言ってくれます。

すごく嬉しいし、ありがたいことです。

でも、食のことを学べば学ぶほど
【外食時は、何を食べたらいいのか?】
正直、迷う自分もいます。

とはいえ、
「迷いながら食べるのが
いちばんよくない」とも
学んでいるので、
外食時は不安をすっぱり手放して
おいしくいただくように
しています。

この間の日曜日の夜のこと。

「晩ごはんは外で食べよう」
ということになり、
車で出かけました。

ただ、正直言って私は
「今日はなんとなく
家で食べたいかも。
先週旅行して、おいしいもの
たくさん食べてきたし」
そう思っていました。

すると・・・

そのお店に着いてみると、
駐車スペースはぎっしり埋まって
いるではありませんか。
さらに、空きを待つ車も
数台いたのです。

しかも、お店の外まで
席が空くのを待つお客さんの列で
あふれ返っていました。

ごはん時とはいえ、
あんなに混んでいるのは
初めて見ました。

さすがに断念して、この日は帰宅。
ごはんを炊き、納豆とたくあんで
手軽に済ませました。

私は内心、こう思いました。
「わはは。
また、”ヘンな力”(?)使っちゃった…
かも??」

こういうこと、
たまーにあるのです。

「行かなくてもいいや」と
思っていた場所に、本当に
行かなくてよくなったり。

「やりたくないけど、
やらないといけないなぁ」と
思っていたことが、
さまざまな出来事を経て
結局やらなくてよくなったり。

ちょっと話がそれるかも
しれませんが、
何かの懸賞に応募するとき、
応募前から
「あ、これは当たるわ」と
わかっちゃったり、なんて
こともあります。

(ただ、私の場合
ネット懸賞だとわからないんです。
はがきを書いて出す懸賞、限定です。
どうしてかな?)

こういう力は、たぶん
誰でも持っているはずです。

名称”ヘンな力”では、
ちょっと響きがイマイチなので(笑)
【流れに乗る力】と
呼びましょうか。

いつもよい流れに乗れているのか
どうかは、わかりません。
(ただし、一見アンラッキーと
思える流れでも
振り返ってみたら結果オーライだった、
ということも、よくありますね)

心身がよろこぶ食べものを食べて、
日々楽しいことを見つけて
できるだけ笑って、
泣きたいときは泣いていたら、
その力はどんどん磨かれていくような
気がします。

私の心身がよろこぶ食べものは、
冒頭に載せた写真みたいな
感じです~。
(ある日の晩ごはんです)

献立は、左上から時計回りに
—————————————
*ごぼうとワカメのとろとろ煮
*もちきびポテト
*高野豆腐、油揚げ、ふのりの味噌汁
*五穀入りごはん、たくあん
—————————————
です。
野菜と雑穀オンリーで作った、
つぶつぶ流」のごはんです。
(私は先月、「未来食セミナー」の
シーン3を学びました。
来月からは「未来食スクール・基礎」で学びます)

調味料もシンプル。
煮物にはしょうゆだけ、
もちきびポテトは塩だけ、
味噌汁は味噌だけ、使っています。

豪華な外食もたまにはいいけれど、
やっぱりシンプルな
おうちごはんがいちばん。
本当においしいです♪

あ、今気づいた。

私が「つぶつぶ」料理に出会ったのも、
流れにひょい、と乗ったからかも
しれません。

「新しいことを学びたい。
ギラギラした人たちが集まるような
セミナーじゃなくて、
自分や家族のこころと暮らしを
輝かせられるような勉強に行きたい」

5年ぶりに関東に戻ってきて
そう思っていた矢先、
つぶつぶのセミナーのことを知りました。

「これだ!」とピンと来たので、
即申し込み、即受講料をカード払い。
(もちろん、いつもニコニコ一括払い!笑)

結果、料理のレパートリーが
増えただけでなく
食そのものに対する意識が
180度変わりました。

夫も、
「昼休みに弁当食べるのも楽しみだし、
仕事から帰ってきて
ごはん食べるのが楽しみだよ。
前からそうだったけど、
最近特にそうなったかも」と
言ってくれます。

知ることができてよかった。
そしてこれからまだまだ、
知らないことを知っていきたい。

そんな、ワクワクした気持ちでいます。

関東に戻ってきたのは
夫の転勤がきっかけですが、
私の意識をよりよく変えるためでも
あったのかもしれません。



スポンサーリンク


Facebookページで、日々のお弁当を紹介しています。
「いいね!」いただけたらうれしいです♪

« »

コメントお待ちしています(お返事ができない場合もございます。ご了承ください)





トラックバック

トラックバックURL: http://hinata-seed.com/nagare-chikara/trackback/

コメントフィード

PAGE TOP ↑