2018.10.23

こんなメールはイヤだ!その3「改行のない長文メール」

文章の書き方


「こんなメールはイヤだ!」シリーズ。
3部作の最終章です。

その1はこちら「ギャル文字満載メール」
その2はこちら「名前間違いと、その防止策」

改行が一切ない長文のメールを
時々もらいます。

「自分の意見を伝えたい!」
その気持ちは、メール文面から
ひしひしと伝わってきます。

しかし、だーーーっと思いのたけを
書き綴られた長文メールは
正直いって、少し読みにくいです。
どこで息継ぎしていいかわかりません(笑)

ところで、
「改行がないメール」を書きがちなのは
もしかしたら、ガラケーのメールを
長く使っていた(今もあえて使っている)
世代の方が多いかも?と、ふと思いました。
(あくまでも、私が今までいただいたメールを
振り返っての考えです)

ガラケーでメールするとき、
こまめに改行したり、行間を空けながら書く人って
そんなに多くなかった気がします。
かえって読みにくくなるからです。

かくいう私は、実はいまだに
ガラケーユーザーなのですが
ガラケー&iPadの2台持ちです
ガラケーからメールするときは
やはり、あまり改行はしません。
(そもそも、ガラケーでメールするときは
そんなに長文は書きませんが)

もしも、ガラケー世代の方が
ガラケーのノリのまま、
パソコンで長文メールを書いているのなら、
決して他意はないのでは、と感じました。

それでも、
読む相手のことを考えるならば
パソコンメールを送る際は
適宜改行し、行間も適度に空けながら
書いたほうがよいと、私は思います。
メールだけではなく、ブログも然りです。

とはいえ、何事も「適度」が大切です。

あまりに改行しすぎていたり、
行間を何行分も空けることを
繰り返しているようなブログは、
私は個人的にはあまり好きではありません。

下に延々とスクロールし続けないと、
記事の続きが読めないからです。

ネットの広告でよく見かける、
「ずーっとスクロールし続けないと
商品の値段がわからない、縦長のページ」に
似ている気がします。

私、ああいうページの商品は
まず買いません。
せっかくよい商品だとしても
広告がくどいと、購買意欲が削がれます(笑)

ただし、「適度」といっても
考え方は人それぞれです。
自分が良いと思っているやり方が、
すべての方に受け入れられることは
ありえません。

でも、
「すべての人に受け入れてもらうのは無理だから」と
あきらめて、よりベストなやり方を探すのを
やめてしまうことは、私はしたくありません。

よりよいメールやブログの書き方は、
ネットや本で情報を得たり
プロの方のアドバイスを取り入れながら
勉強を続けていくしかないな。
私はそう思います。

これからも、私の学びは続きます。

「こんなメールはイヤだ!」シリーズ。
今回で、ひとまず完結です。

また、ネタを思いついたら書きます。
ありがとうございました。



スポンサーリンク


Facebookページで、日々のお弁当を紹介しています。
「いいね!」いただけたらうれしいです♪

« »

PAGE TOP ↑