2018.8.21

「パソコンファーム」に、古いテレビとパソコンを持ち込んだ話

暮らしのこと すっきりと暮らす


数年前、大阪に住んでいた頃の話です。

夫と話し合い、
「テレビ、もう観ないから捨てましょう」と
決めました。

彼が独身時代に買った、
それなりに年数の経った液晶テレビでした。

我が家は、テレビを殆ど観ないんです。
テレビで観たいのは、毎週土曜お昼の
吉本新喜劇ぐらいでした(笑)

その新喜劇も、年に数回は
夫の故郷である大阪に帰省した際
なんばグランド花月に観に行っています。

「テレビを処分して、
毎週新喜劇が観られなくなっても
生で観るから、いいよね」
という結論に至ったのでした。

テレビを手放せば、
それまでテレビが陣取っていたスペースが
広がります。
部屋の掃除も、断然楽になります。
「テレビがない」というデメリットよりも
そちらの方が、我が家では魅力的でした。

さて。ここで、
「家電リサイクル法」のことを
少し書きます。

「テレビを処分しよう」と思っても、
ごみ捨て場にポイッ、と捨てるわけには
いきません。
不法投棄になります。

テレビを処分する際は、
家電リサイクル法にもとづいた
手続きが必要です。

テレビだけでなく、
エアコン、冷蔵庫(冷凍庫)、
洗濯機(乾燥機)の処分時は
家電リサイクル法に則った手続きが
必要となります。

私は、結婚退職と同時に
一人暮らしのアパートを退去しました。
そして、夫が当時住んでいた北海道へ
引っ越しました。

その際、自分がそれまで使っていた
テレビデオ、冷蔵庫、洗濯機を
すべて処分しました。

家電を処分する際、まず
「一般財団法人家電製品協会
家電リサイクル券センター」の
ホームページを見て
郵便局でリサイクル料金の
振込手続きをしました。

手続きが済むと、
「家電リサイクル券」が発行されるので
処分したい家電に貼り付けます。

あとは、処分する家電を
家電を購入したお店などに連絡して
引き取りに来てもらうか、
自分で指定引取場所に持って行けば
手続きは完了です。

(詳しい手続きについては
「一般財団法人家電製品協会
家電リサイクル券センター」の
ホームページでご確認ください)

私の場合、処分する家電は
自ら指定引取場所へ持ち込みました。
夫が、私の引っ越しに合わせて休みをとり
アパートへ手伝いに来てくれたからです。

家電持ち込みの際は、
レンタカー屋さんで軽トラを借りました。

そして、家電の持ち込みを終えた後は
いったんアパートへ戻り、
粗大ごみやこまごまとした不用品を
ぜーんぶ軽トラへ積み込み、
市のごみ処理場へ持ち込みました。

夫はその時、言いました。

「業者に、家電や粗大ごみを
取りにきてもらったら
運搬費用やら、手数料やら
もろもろかかるやろ。
それやったら、軽トラ借りて
家電も、粗大ごみも
自分たちで一気に持ち込んだほうが
絶対安くつくで」

…なんてマメな人なんでしょう(笑)
私ひとりじゃ、あの膨大な作業を1日でこなすのは
絶対にムリでした。
本当に助かったなぁ。。

と、ここまで
「家電リサイクル法」のお話を書きましたが。

冒頭で書いた、液晶テレビを処分する際は
家電リサイクル法の手続きは
とりませんでした。

え、じゃ、不法投棄したの!?

いえいえ、そんなことは絶対にしません(笑)

「パソコンファーム」に持ち込んだのです。

パソコンファームは、
埼玉に本社、大阪に支店がある
リサイクル企業です。
(「パソコンファーム」で検索すると
すぐにヒットします)

社名は「パソコンファーム」ですが、
パソコンのほかにも、液晶テレビやプリンタ、
カーナビなど、さまざまな製品を
受け入れています。
もちろん、引き取ってもらう際の
こちら側の費用は無料です。

我が家は当時、大阪に住んでいたので
大阪の支店へ車で持ち込みました。

持ち込みの際は、ダンボールなどに
入れる必要はありません。
家電をそのまんま持っていけばいいし、
事前の電話連絡も基本的には不要なので
とても簡単です。
(持ち込み時は、本人確認書類の提示が必要です)

なお、持ち込みのほかには
宅配便で送る方法や、場合によっては
お店の方が訪問してくれるサービスも
あるそうです。
(詳細は「パソコンファーム」の
ホームページでご確認ください)

実は。
持ち込みの際、液晶テレビと一緒に
古いパソコンも数台、持ち込みました。
私が独身の頃に買い、
ずっと処分できずに持っていたものです。

もっと早く処分したかったのですが、
なんとなーく、ずるずると持ち続けてしまい
押入れの奥に引っ込めていたのです^^;

パソコンファームでは、
ハードディスクのデータ消去も
きちんとしてくれるとのことでしたが
持ち込み前にハードディスクの破壊は
自分たちでやりました。
(そのへん、夫が詳しいのでお願いしました)

古いテレビもパソコンも、無料で処分できて
部屋はすっきり。
気持ちも軽くなりました。

ちなみに、
平成15年(2003年)10月以降より
販売されている家庭用パソコンには
「PCリサイクルマーク」がついており
廃棄する際に料金はかかりません。
もしも、マークがついていないときは
メーカーに連絡して送ってもらわないといけない場合も
あるそうです。
(「一般社団法人 パソコン3R推進協会」
ホームページより)

私が押入れで寝かしていたパソコンは、
平成15年より前に買ったものもありました。
なので、リサイクル料金がいくらかかるのか
調べるのも億劫で
ついつい、そのまま持っていたのです。
いけませんね^^;

先日も、大阪に車で帰省した際
「もう使わへんから」と、夫が
パソコン用のキーボードだけ
パソコンファームに持ち込みました。

なぜ、キーボードを持ち込んだかというと。
今、私たちが住んでいる市では
キーボードを処分しようとすると
「粗大ごみ」の扱いになり、
手数料がかかるからです。

はっきり言いましょう。
払わなくても済むお金は、
払いたくないです(笑)

パソコンファームでは、
パソコン本体だけでなく
キーボードやマウスなども無料で
受け入れしてくれるんです。
便利ですね~。

もちろん、
「キーボードだけパソコンファームに
宅配便で送る」のならば、
粗大ごみに出したほうが断然安いです(笑)
「大阪に(埼玉に)車で行くついでに
お店へ直接持ち込みできる」ならば、
利用して損はないと思います。

引き取りしてもらう際の注意点や、
引き取ってもらえる製品の一覧表などは
パソコンファームのホームページに
載っています。

「パソコン、処分したいなぁ」
「もう使わない家電があるなぁ」などとお悩みの方に、
「こういうお店を利用する方法もありますよ」と
お伝えしたく、今回の記事を書きました。

ネット上では、
「パソコンファーム」と検索すると
「パソコンファーム トラブル」などといった
キーワードが出てきます。

しかし、私たちが今までに
数回持ち込みした中では
トラブルや、不快な出来事は
一度もありませんでした。
もちろん、後から「個人情報がもれていた」
なんてこともありません。
お店の方も親切でした。

(ちなみに、冷蔵庫や洗濯機などは
「受け入れ対象外」です。
また、パソコンファームの
ホームページを見てもわからないことは
お店へ直接聞いたほうが早いです)

「パソコンとかテレビを処分したときの話、
ブログに書こうかな」

先日、そう夫に話したところ
彼からなかなか興味深い話を聴きました。

「俺、独身の頃
家にある要らないものを
いろいろ捨てたくて、
廃品回収の軽トラに
声かけたことあるねん」

廃品回収の軽トラ、といえば。

「こちらは、廃品回収車です。
ご不要なものを無料で回収いたします」

などと、大音量の音声を流しながら
街のあちこちを走っている、あの車です。
「トラブルも多い」と、よく耳にします。

夫は、廃品回収の人と
いったいどんな会話をしたのでしょう。
そして、実際に回収は
してもらったのでしょうか。

その話は、次回へつづきます。



スポンサーリンク


Facebookページで、日々のお弁当を紹介しています。
「いいね!」いただけたらうれしいです♪

« »

PAGE TOP ↑