2014.5.14

野菜中心のお弁当作りを続ける秘訣

食と健康 野菜中心のお弁当


私はほぼ毎日、野菜中心のお弁当を夫に作っています。

そんな私がお弁当作りを、「楽しながら」続けられている秘訣。
それはずばり、「下ごしらえ済の食材が入ったタッパー」を
常備していることです。

この記事のトップにある写真は、今日の冷蔵庫の中です。
このぐらいタッパーが入っていると、お弁当作りは楽になるので
とりあえず安心します(笑)。

現在、冷蔵庫に入っているタッパーの中身は
こんな感じです。

野菜の重ね煮
・自家製きゅうりのキューちゃん
・きざんだネギ
・下味(しょうゆ+酒+すりおろし生姜)をつけた、大豆たんぱく
・ざく切りにした小松菜
・自家製の塩麹、しょうゆ麹
(先日手作りしました)

普段は他に、茹でたほうれん草や小松菜、ブロッコリー、
スナップえんどうなどの緑黄色野菜が入っていることが多いです。
味付けするだけですぐお弁当箱のすきまを埋められるし、
彩りがとてもきれいだからです。
もちろん、食べてもおいしいですし♪

久しぶりに、「きゅうりのキューちゃん」風の漬物を作ってみました。

今回、参考にさせていただいたレシピはこちらです。
とても簡単でおいしいです♪ありがとうございます。
自家製きゅうりのきゅーちゃん(漬物)
(私はお砂糖を、てんさい糖に代えています)

ついでに、今日の冷凍室の中身も書きます。
冷凍室には、これらの下ごしらえ食材が入っています。

・油抜きして食べやすく切った油揚げ
・ささがきごぼう、きんぴら用のごぼう
(それぞれ食べやすく切り、さっとゆがいたもの)
・生おから
(小分けにしてラップに包んだもの) など

冷凍室の食材も、日によって変わります。
使い切れなそうな野菜は、切ってゆがいて冷凍しておき
お弁当の彩りに使うことが多いです。

野菜中心のお弁当を作るためには、下準備がどうしても必要です。
なのでできるときに、ちょっと頑張って下ごしらえ。

下ごしらえした食材が冷蔵室や冷凍室に入っていると、
数日間のお弁当作りが「確実に」楽になります。
私にとって、お弁当作りを手助けする心強いサポーターです。

とはいえ、どうしてもどうしても
「今日はお弁当作れない!」という時が、私にはあります。
(体調が優れなかったり、朝起きられなかったり・・・
いや、後者の理由が大半です。。)

そんな時は、大サイズのおにぎり3つをドーン!と作り、
夫に持たせることもあります(笑)。
何を作っても、絶対に文句を言わずに全部食べてくれる人なので
本当に助かります。

”気持ちはたくさんこめつつ、がんばりすぎないお弁当作り”
それが、私の理想です。

私が作っているお弁当は、Facebookページに時々載せています。
もしよろしければ、ご覧いただけたらうれしいです♪



スポンサーリンク


Facebookページで、日々のお弁当を紹介しています。
「いいね!」いただけたらうれしいです♪

« »

コメントお待ちしています(お返事ができない場合もございます。ご了承ください)





トラックバック

トラックバックURL: http://hinata-seed.com/shokuzai-shitagoshirae/trackback/

コメントフィード

PAGE TOP ↑