2018.9.24

何はなくとも、塩むすび

食と健康 おいしい暮らし


我が家は基本的に、
1日2食~2.5食です。

「1日3食、決まった時間に
規則正しくとるべし」は、
だいぶ昔に言われていたこと。
今の時代は、3食だと
「食べ過ぎ」という説もあるようです。

「2.5食」とは、なんだか
中途半端な表現ですが
「朝を軽く済ませて、昼と夜は
わりとしっかり食べる」という意味です。

今まで、我が家の朝食は
「バナナ甘酒セーキ」が主流でした。

自家製の甘酒、バナナ、レモン汁、水、塩。
これらをフードプロセッサーにかけた、
甘くておいしい飲みものです。
腹もちもとてもよいです。

ただ、最近になって夫が
ぽろっとこんなことをこぼしました。

「甘酒セーキだけだと、腹がへって
昼飯までもたない時があるねん。
そういうときつい、
職場に置いてある、誰かからの出張土産の
お菓子をつまんじゃうねん」

あらあら、それは大変。

ということで、甘酒セーキを飲む前に
塩むすびを食べることにしました。

朝からがっつりは食べないので、
食べやすいサイズの塩むすびを
1~2個作り、
軽く火であぶった海苔を巻いて、
できあがり。

心持ち、塩をしっかりめにきかせて
にぎります。

この塩むすびがまた、
ほんっとうにおいしいのです。
何よりのごちそうです。
毎日食べても飽きません。

「うまい、うまい」と
塩むすびをたいらげ、
甘酒セーキも飲んで
彼は仕事に向かいます。

塩むすびだけでなく、
甘酒も、もとをたどれば「ごはん」です。
(甘酒は、ごはんと米麹で作ります)

よって、朝から
「ごはん×ごはん」なメニューですが(笑)
いいんです。

日本人は、お米をしっかり食べることで
健康なからだづくりができるので。

夫は、高性能ボディの持ち主です。

どんなところが高性能かというと、
「身体にとって、不要なものを食べると
顔に吹き出物が出る」
のです。

特に、チョコレートや
市販の揚げ菓子をひとくち食べただけで
すぐに吹き出物が出ます。

これって、すばらしいことなんです。

「どんなものを食べても、
もたれず、おなかもこわさず、吹き出物も出ない」
ほうが、もしかしたらちょっと
心配かもしれません。

なぜなら、
何を食べてもノーリアクションな身体だと
食品添加物てんこ盛りな食べ物を
いっぱい食べたとしても、
要らないものをちゃんと
排出できているかどうかが
わからないからです。

だから、たまーになら
おなかを壊したり
熱を出したりするのも、大事なのです。

私はおととし、
食に関する勉強をしました。
結果、家でつくる食事を変えました。

→日々、どんなごはんを食べているかは
インスタグラムをご覧ください

食を変えた結果、
「劇的に何かが好転した!」と
いうわけではありませんが、私の場合は
肌荒れしにくくなったり、
体重が増えにくくなったり、
体力もついてきたように感じます。

いっぽう、私がつくる食事を
毎日食べている夫も
ドラマチックなほどに何かが好転した!
というのは、特になさそうです。

ただ、
「肌が荒れる食べものと、
そうじゃない食べものが
すごくよくわかるようになってきた」
そうです。

それから、
「家で食べるメシは、全然肌荒れしない」
ですって。

でっしょー。
これぞまさに、内助の功よね。
えっへん(笑)

「○○を食べたから、すぐ健康になる」でしょうか?
そんなわけはありません。
1日1日の積み重ねが必要です。

だから、
食べるものに意識を向けるようになっても
すぐによい変化がみられないのは、当たり前。

心身が喜ぶ
おいしいごはんを食べ続けているうちに、
ふと「あれ?そういえば」と
うれしい効果に気づく。
きっと、そういうものだと思います。

1日3食でも、2食でも、
自分に合った食べ方をするのが
いちばんよいと思います。

ただ、最近実感しているのは
「決まった時間に食べるより、
『おなかがすいたら食べる』ほうが
身体が喜んでいる」ということです。

仕事しているときは、
おなかがすいたら食べる、というのは
なかなか難しいですが。
休日は実践してみても、よいかもしれません。

それと、
「嫌いなものは、ムリして食べなくても大丈夫」
というのも、実感しています。
これは話すと長くなるので、またの機会に。

明日の朝も塩むすび、つくります。



スポンサーリンク


Facebookページで、日々のお弁当を紹介しています。
「いいね!」いただけたらうれしいです♪

« »

PAGE TOP ↑