2018.8.14

毎日のお掃除を継続させるコツ。掃除グッズは100均で買い、潔く使い捨てる!

暮らしのこと 掃除、片づけ


昨日の記事の続きです。

お掃除を毎日ムリなく、
なおかつそれなりに楽しく、
充実感を覚えながら継続させる
私なりの工夫。

それは
「掃除グッズは100均で買う。
そして、1回使ったら潔く捨てる」

ことです。

私にとって、何が一番イヤって
お掃除のめんどくささ、ではないんです。

「使用済みの掃除グッズを、
どこかに保管しておかないといけないこと」

なんです。

たとえば、排水溝掃除に使ったブラシ。
水拭きして、汚れた雑巾。
などです。

汚れを受け止め、
磨いてくれた道具たちですから
感謝の気持ちでいっぱいです。

でも「まだ使えるから」と、
どこかに置いておくと
それがチラチラと目に入ります。
正直、それらの見た目は
キレイではないです。

汚れたものが家にずっと置いてあると、
テンションが下がります。

だったら。
初めから、安くて使い勝手のよい道具を準備して
「使い捨て」にしてしまえばよいのです。

なので、私がふだんよく使っている掃除グッズは
こんな感じです。

・使い古しの歯ブラシ
・100均に売っている歯ブラシ
(使い古しの歯ブラシがないときに使用)
・カビとりブラシ
(2本108円。ダイソーにあります)
・ぞうきんは、使い古しの台所ふきんを
ハサミで適当に切ったもの
(時間があるときにストックしておきます)

どれも、それほど費用はかかりません。
よって、1回使ったら、ためらいなく捨てられます。

「1回で捨てる」と決めると、
ちょっと不思議な?心理状態になります。

もったいない精神が働き、
「この道具を、しっかり使い切ろう」と
思えるのです。
よって、かなり念入りに掃除できます。

たとえば、ぞうきん。

リビング→台所→玄関→トイレの順に水拭きして、
他にも気になった箇所を拭いて、
最後は、玄関のたたきを拭いてから
ごみ箱へポイッ。
という感じに、有効活用しています。

(時間がなかったり、
あまりやる気がないときは
「リビングだけ」「トイレだけ」というような
ピンポイントでもOK。
と、自分に許可を出しています)

ちなみに、我が家には
トイレブラシがありません。

ちょっと前までありましたが、
「あんまり、キレイなものではないよなぁ…」と
気になってしまい、捨てました。

今は、「流せるトイレブラシ」を使っています。

これは、そんなに安いとは言えませんし
香料のにおいも少々きついので
ベストな選択ではないかな、とも思っています。
でも今はとりあえず、これで落ち着いています。

「流れるトイレブラシ」を使うと、
便器に汚れがつきにくくはなります。
ただしもちろん、完全ではありません。

もし、汚れがついてしまったときは…

100均のトイレクリーナーシート
(「トイレクイックル」みたいなもの)を使って、
素手で便器の中を掃除しています。

また、便器にいわゆる
「さぼったリング」(トイレの水面のまわりにできる黒ずみ)が
発生してしまったときは…

私の場合は、使い古しの歯ブラシに
重曹(これも100均で買ったもの)をつけて
こすります。
いとも簡単に、するっと汚れが落ちます。
もちろん、この作業も素手でやります。

「え、素手でトイレ掃除!?」と
驚かれるかもしれませんが、
どうってことないです。
便器の水に、手をズボッと
突っ込んでいるわけではないので。

以前、ある方の講演会で
「トイレ掃除は素手でやります。
便器の水にも手を突っ込んで磨きます」という
お話を聴いたことがあります。
運気が上がるそうです。

ただただ、すごいなぁ~、と思いました。
そこまでまだまだ、私は到達できないです。
いつか、やるのかな。
うーん。自分でもわからない(笑)

「お掃除グッズは100均で買う。
そして、1回使ったら潔く捨てる」

実践されている方も
もしかしたら多いかもしれませんが、
このやり方はけっこうオススメです。



スポンサーリンク


Facebookページで、日々のお弁当を紹介しています。
「いいね!」いただけたらうれしいです♪

« »

PAGE TOP ↑