2018.9.22

本当にあった宅配便のコワイ話・その1「届かない干し芋」

お買い物 つぶやき


数年前の実話です。

外出先から帰宅したら、
宅配便の不在票が
ドアポストに入っていました。

1週間ほど前にネット注文していた、
ある通販会社からの荷物でした。

荷物の再配達依頼は
ふだんからネットでやっているので
いつものように、その時もそうしました。

すると、おかしな現象が。

「追跡番号に該当がありません」と
エラーが出るのです。

???

ネットでうまくできないなら、と
自動応答の再配達受付に電話して
やってみました。

しかし、同じ結果に。

??????

まったく理由がわからないまま、
翌日、宅配便の営業所へ直接電話して
再配達を依頼しました。

「午前中に伺います」と
言っていただけたので、
すっかり安心していたら……

数分後、営業所から私の携帯へ
電話がかかってきたのです。

「『今から配達に行ってもいいですか?』
っていう連絡かな?」
と思っていたら……

それは、びっくりする内容の電話でした。

なんと
「通販会社へ、荷物を返送してしまいました」
というのです。

え?なんで??
どういうこと???

事情をお聞きしたところ、
話の概要はこうでした。

「昨日、担当ドライバーが
お客様のご自宅へ
お荷物を届けにあがりました。

その際、お客様宅の玄関のドアノブに
”来月まで留守にします”と書かれた、
メモ書きの入った紙袋が
ぶら下げてあったそうです。

そのメモ書きを見た担当ドライバーが
通販会社へ連絡し、
お荷物を返送しました」

……謎が解けました。

たしかに昨日、私が帰宅した際
玄関のドアノブに
そのメモ書きが入った紙袋が
ぶら下がっていました。

しかし。
そのメモを書いたのは、私ではありません。
当時住んでいた社宅の、お向かいの方です。

お向かいの方が

「来月まで留守にするので、
申し訳ありませんが
共益費の集金当番を
交代していただけますか?
よろしくお願いいたします。
***号室 **より」

という趣旨のメモ書きと、
当番の仕事に必要な書類などを
紙袋に入れて、我が家のドアノブに
ぶら下げていたのです。

宅配便のドライバーさんは、
そのメモ書きの上部に書かれていた
「来月まで留守にします」をチラ見して
「あ、この家は来月まで留守なんだ!
だったら、荷物を返送しなければ」
そう思い込んでしまった。

事のいきさつは、そういうことでした。

宅配便の営業所の方は

「完全に当社のミスです。
たいへん申し訳ございません。
当社から通販会社さんへ連絡して
再配達の対応をさせていただきます。
お客様は、現時点ではこれ以上
何もしていただかなくて大丈夫です」

と、平謝りしてくださいました。

私は
「いえいえ、こちらこそ
お手数をおかけします。
よろしくお願いします」
そう話して、電話を終えました。

その後、ふと気になりました。
「通販会社から、何か連絡は来ているかな?」

メールチェックをしてみたら
はい、来ていました。

「宅配業者様からのご連絡により、
かみやま様へお送りした荷物が
返送されて来ました。
現在、お荷物は当社でお預かりしております。
来月までご不在とのことでしたが、
発送はいかがいたしましょうか?
ご連絡をお待ちしております」

……いやいやいやいや。
私、家にいますから。ずっと(笑)

しかし、それから数時間後
通販会社から再びメールが来ました。

「宅配業者様からのご連絡により、
お荷物を再送させていただきます」

それから2、3日で
荷物は無事、私の手元へ届きました。

いやー。
こんなイレギュラーなことも
あるんですね~。

まず、ドライバーさんの思い込みに
びっくりしました。
メモ書きをチラ見するのなら、
最後までしっかり内容を読んでほしかった(笑)

でもある意味、きめ細かい対応かも、
とも思いました。

お仕事として当然かもしれませんが、
荷物のひとつひとつをしっかり届けよう、と
頑張っていらっしゃるんだなぁ、と。

だから、ドライバーさんに対して
怒りの感情はまったく沸きませんでした。
むしろ「お疲れさまです」と、
労いたい気持ちでいっぱいになりました。

ちなみに。
荷物の中身は、大好物の
「干し芋(3パック)」でした。

そりゃ、すぐ食べたかったので
荷物が2往復してしまったのは
残念でしたが(笑)
干した芋ですから日持ちもしますし、
気長に待てました。

こんな体験、しようと思っても
できるものではありません。たぶん。

だからなんだか、面白かったです。

次回は、あまり面白くない(?)
本当にあった宅配便のコワイ話・その2」を
お届けします。



スポンサーリンク


Facebookページで、日々のお弁当を紹介しています。
「いいね!」いただけたらうれしいです♪

« »

PAGE TOP ↑