2016.8.18

東京電力に、電線の鳥よけ工事をお願いした話

暮らしのこと


「げっ!また!?
洗車したばっかりなのに~」

我が家の駐車スペースの真上と
その周辺には、
電線がたくさん走っています。

そこに無数の鳥が止まり、
毎日のように車に
お土産を落としていくのです。

洗車しても洗車しても、
常に車のどこかには
鳥さんの白いお土産が
ついている状態。

2、3日放置しておくと
もう、フロントガラスもボンネットも
大変なことになりました。

もちろん鳥さんは、
「食う」と「出す」という
自然な行動をしているだけ(笑)。

なので、鳥さんが悪いわけでは
ないのですが・・・
人間の立場としては、さすがに
辟易してしまいました。

集合住宅の管理人さんに
事情を説明し、
「ほかの駐車スペースに
移動できないでしょうか?」と
相談するも
「ダメです」の一点張り。
(駐車スペース、他にもたくさんあるのに~)

さぁ、困った。

でも、このままでは
愛車がかわいそう。
なんたって、女の子だし。
(名前は「ムブ子」といいます。笑)

そこで、ふとひらめきました。

「そうだ。
東電に電話して、
電線に鳥が止まらないように
工事してもらえばいいんだ。
ネットで、そんな情報を
読んだことがある気がする」

思い立ったら、即行動。

コールセンターに電話して
事情を説明したところ、
サクサクと話が進みました。

「折り返し、工事業者より
連絡させます。
一度、現地で立ち会いをしていただき
工事が必要となった場合は
およそ1か月以内に工事となります。
工事費は、もちろんお客さまは無料です」
とのことでした。

そこで工事業者さんから
電話がくる前に、念のため
下記の写真を撮っておきました。

—————————————
1.鳥の糞で汚れた車
(どれほどの被害か、証拠を残しておくため)

2.駐車スペース近くの電柱に
書いてある、電柱の番号

—————————————

ほどなくして、工事業者さんから
電話がかかってきました。

業者さんは、地図を見ながら
電話されているようだったので
電柱の番号を知らせたところ、
すぐに該当の場所がわかったようでした。

「はい、場所の確認ができました。
後日うかがいますので、一度
お立会いをお願いします。
所用時間は10分前後です」
とのことでした。

それから数日後、
業者さんが我が家にいらしたので
さっそく立ち会いとなりました。

電線の場所を確認したのち、
業者さんからは
「電線によく止まっている
鳥の種類」を聞かれました。

業者さんによると、
電線に取り付ける、鳥よけの部品にも
「大きい鳥用」と「小さい鳥用」が
あるそうなのです。

私は
「小さい鳥だと思います」と
答えたところ、業者さんも
「たぶんそうですね。
駐車場に落ちている
糞の色からしても、
ムクドリなどの
小さめの鳥だと思います」
とのことでした。

ということで、今回は
「小さい鳥用」の部品を
電線に取り付けていただく
ことになりました。

次に、あらかじめ
iPadで撮っておいた
MAXにひどい(笑)状態の
車の写真を、業者さんに
お見せしました。
(車は、立ち会いの前日に洗って
きれいな状態だったので)

業者さん
「あぁ~、これはひどいですね」


「(でしょでしょ?^^;)」

業者さんは
「状況がよくわかりました。
工事は1か月以内には行います。
またご連絡させていただきます」と
お帰りになりました。

そして、それから1週間後。
連絡が入り、さっそく
工事となりました。

工事そのものは、
3~4時間ほどで終了しました。
(工事の範囲により、所要時間は変わります)

冒頭に載せた写真で
おわかりいただけると
思いますが、
電線のあちこちに
黒くて丸っぽいものが
ついています。

それが、今回の工事で
取り付けられた
鳥よけ用の部品です。

業者さんのお話によると、
この部品が電線に付いていると
鳥が電線に止まろうとしたときに
電線がゆらゆら動くとか。

よって、
鳥は電線に止まれなくなるので
糞を車に落とすことも
少なくなるはず、とのことでした。

我が家の駐車スペースを取り囲む
東電の電線には、すべて
この部品を取り付けたそうです。

ただし、
一部NTTの電線もあるので
そこは東電はタッチできないとのこと。

「今後も被害が収まらない場合は、
NTTにも同様の対策を
依頼するといいですよ」との
お話でした。

暑い中の高所での作業、
本当にありがとうございました。

さて、工事から
10日ほど経ちました。

効果のほどは?と言いますと・・・

確実に、被害は少なくなりました。

おととい、白いお土産が
1つだけ車に落ちていましたが
工事前に比べたら、その差は歴然です。

もう少し様子をみて、必要に応じて
NTTにも問い合わせをして
みようと思います。

ネットで検索してみたところ、
こうした鳥の被害でお困りの方は
けっこういらっしゃるようです。

自分で何とかしようとしても
大変な労力ですから、
まずは電力会社、もしくはNTTに
問い合わせてみるのが
手っ取り早いと思います。

立ち会いなどの手間は
少々かかりますが、
いざ工事、となっても
こちら側の金銭的負担は
一切ありませんから。

→続編もあります。よろしければ合わせてご覧ください。
「NTTに、電線の鳥よけ工事をお願いした話」
http://hinata-seed.com/ntt-toriyoke



スポンサーリンク


Facebookページで、日々のお弁当を紹介しています。
「いいね!」いただけたらうれしいです♪

« »

コメントお待ちしています(お返事ができない場合もございます。ご了承ください)





トラックバック

トラックバックURL: http://hinata-seed.com/touden-toriyoke/trackback/

コメントフィード

PAGE TOP ↑