2017.2.22

「冬眠」から目覚める

食と健康 つぶつぶ(雑穀)料理


またまた、久しぶりな更新となりました。

毎年、お尻に火がつくのが
3月に入ってからだった、確定申告。
今年は奇跡的に(笑)先日提出を終えたので、
気持ちに余裕が出てきました。

まだまだ外は寒いですが、
確実に春が近づいてきています。

街の洋服屋さんのマネキンは春物をまとい、
カフェでは桜をあしらった飲み物が
売られています。

私は冬生まれなこともあり、
四季の中では冬が一番好きです。

冬の次に好きなのは、たぶん、春。

転勤、卒業、引っ越し、などなど…
環境が変わる方も多い季節です。

でも、その緊張感と
「これから、どんな楽しいことがあるかな」という
期待感が交錯する、あの感覚が
なぜだか、ぞくぞくわくわくするのかも
しれません。

春が近づいてきたからでしょうか。
なんとなく、外に出たくなってきました。

昨年の私は、ある意味
「冬眠」していました(笑)。

もちろん、学びたいことは
貪欲に学んでいました。
「つぶつぶ」(ベジタリアン食スタイル)を
学びはじめたのも、昨年のことです。
(現在私は「未来食スクール(基礎)」に通っています)

「つぶつぶ」のおいしさにすっかりハマり、
今は家でのごはん作りは、ほぼ100%
植物性&砂糖抜きになりました。

これまでも、夫は私の料理を何でも
「おいしい」とモリモリ食べてくれていました。
でも最近は、ますます食べっぷりがすごいです。
「昼の弁当も楽しみだし、夜帰ってきて
ごはんを食べるのも楽しみ」
そう言ってくれます。

夫が、妻の作る食事を楽しみにしてくれる。
なにより幸せなことだと思います。

それだけでなく、食事を見直してからは
夫婦そろって肌荒れが改善したり、
気持ちもより前向きになったりと、
うれしい変化がたくさん生まれています。

そんなふうに、ハッピーなことが
いろいろと起こっている私ですが…

昨年の私はどちらかというと、
学んだことを”自分の中”で
「熟成させたい、そして消化(昇華)したい」
という思いを、とても強く持っていました。

そのため、必要以上には
外に出ないようにしていたような、
人とのかかわりを避けていたような。
今振り返ると、そんな気がしています。

今年は、そろそろ「冬眠」から目覚めて
さらにあちこちに足をのばし、
いろんな方々に関わらせていただき、
たくさんのことを学ばせていただこう、と
思っています。

もちろん、頭がパンクしないように
調整しつつ、ですが。
私は真面目すぎて、「1から100まで吸収せねば!」と
ギチギチになってしまうことがあるので。

…もうすぐ、3月なんですけど
今さら「今年の抱負」みたいなことを
書いていますね(笑)

でも、それでいいんです。
のんびり屋、大器晩成型の私なので。
人と比べて、あせってもしょうがないし。

というわけで、さっそく先日
つぶつぶマザーの本多恵津子さんから
レモンタルトのレッスンを受けてきました。

(この記事の冒頭に載せた写真が、レモンタルトです。
レモンスライスをのせる前のものです)

恵津子さんの作るレモンクリームが、
それはそれはもう「つやっつや、キラッキラ」でした。
また、レシピ本を読むだけではわからない
マル秘テクニックも満載でした。
これはもう、プロから習わないと
得られないことばかりです。

植物性100%、砂糖不使用の
さわやかなレモンクリーム、
さくさくのタルト生地。
とてもおいしかったです。

さっそく、家でも実践しようっと。
恵津子さん、ありがとうございました♪

明日も、つぶつぶ料理のレッスンを受けるため
横浜方面へ出かけてきます。
とても楽しみです。

私が毎日作っているお弁当は、
Instagramで更新しています。
「野菜と雑穀だけで、お弁当が作れるの!?」
と驚かれるたび、「ひゃっほーい」と
小躍りしています(笑)
よかったらぜひご覧ください♪



スポンサーリンク


Facebookページで、日々のお弁当を紹介しています。
「いいね!」いただけたらうれしいです♪

« »

コメントお待ちしています(お返事ができない場合もございます。ご了承ください)





トラックバック

トラックバックURL: http://hinata-seed.com/toumin-mezameru/trackback/

コメントフィード

PAGE TOP ↑