「私は、あなたのことが羨ましいです」

私のこころのこと つぶやき


【誰かの行動や反応に”イラッ”とするのは、
その人がそんな風に
”自由にふるまう”ことができるのを
内心、羨ましく思っている自分がいるからである】

というような話を、
先日何かの本で読みました。

「おぉー、なるほど!!」
と思いました。

そっかー。
私、羨ましいんだ。

あまりにそれが腑に落ちたせいか、
現在住んでいるマンションの上階から
夜遅くまでバタバタ大きな足音が
聞こえてくるのも、
お隣にお住まいの方が
ちょっとマナー違反(?)なことを
されていらっしゃるのも、
あまり気にならなくなってきました。

いや、まだ”イラッ”とする時は
たしかにあるのです。

でも、
「私、羨ましいんだね。そっかそっか、よしよし」
と、自分で自分の頭をなでなでしているうちに
すっかり癒されてしまう感じ。
セルフヒーリングで、ほぼ解決できているのです。

それから、そもそも
仮に私が
「あの人、自由だな~」
と思っていても、
それはあくまでも”主観”なんですよね。

もしかしたら、私以外の方からしたら
「え、そう?あの人、
そんなに自由にしてるようには見えないけど」
と感じるかもしれない。

自分の視野だけで
物事を決めつけてしまうのは、
危険だったりします。

【羨ましい】という言葉。
ポジティブか、ネガティブか?と問われたら
後者のような気がします。

ただ、
「”私は羨ましいと思っているんだ”と認めてしまうと
こんなに楽なのか!」
と実感した今、
【羨ましい】という言葉も悪くはないのでは、と
思うのです。

もちろん、相手に向かって
「あなたのこと、羨ましいです」
とは言わないけれど。
自分の胸のうちでは、
言ってもいいのではないでしょうか。

相手の言動を、自分の思うとおりに
コントロールすることなど
ほぼ不可能だから。

だったら、自分のちょっとした考え方の変換で
”楽な方法を選ぶ”ほうが
人生楽しいし、お得な気がします。



スポンサーリンク


ブログの更新状況をFacebookページに載せています。

« »

コメントお待ちしています(お返事ができない場合もございます。ご了承ください)





トラックバック

トラックバックURL: http://hinata-seed.com/urayamashii/trackback/

コメントフィード

PAGE TOP ↑