不便さのなかにある豊かさ

食と健康


お鍋でごはんを炊く方法は、
結婚したての頃
夫から教えてもらいました。

当初、私は
「え、炊飯器でいいじゃない」
と思っていました。

でも鍋で炊いたごはんのおいしさを知ってから、
私は一切そんなことを言わなくなりました。(笑)

彼は、料理はそんなに得意じゃないみたいです。
でもごはんをお鍋で炊く腕にかけては
私よりはるか上を行っています。

私が一人暮らししていたころ使っていた
炊飯器も、電子レンジも
今の我が家にはありません。
あえて、どちらも使わない生活を選んでいます。
ついでに言うと、現在我が家はテレビもありません。

無料の化粧品サンプルなども、
ほとんどもらわなくなりました。
いいか悪いかは別として、私自身
「流行についていこう」と思わなくなったからです。
使っている化粧品を変えるつもりも、今のところないし。

サンプルをもらうとしたら、
オルビスでお買い物したときに選べるサンプルで
シャンプーとリンスを選ぶぐらいです。

ふだん、家では石けんシャンプーとリンスを使っているのですが
泡状のボトルなので、旅行時の持ち運びが難しいのです。
そんなときは、個装になっているシャンプーとリンスが重宝します。
人工的な香りが苦手な私は、オルビスの製品が無香料なのも好きです。

モノが少ないと、不便なこともあります。
その代わり、豊かさの幅が広がる気がします。

たとえば、
「炊飯器の代わりに、鍋でごはんを炊く」
「レンジの代わりに、鍋で豚まんを蒸す」
などなど…
「代わりに使えるものはないか?」と、
思考を巡らすことができるからです。

それらの知識は、何ものにも代えがたい
豊かさといってもよいのではないかと思います。

モノが少ないと、部屋も広い感じがして
気持ちいいです。

断言しちゃいますが、私、自分の家が大好きなんです。
ここに長く住み続けることができないのが
残念なぐらい(笑)

これからも、トライ&エラーを重ねながら
「本当の豊かさ」を求めていきます。

どんどん「削がれていっている」感じがする自分。
とても気持ちがいいです。



スポンサーリンク


ブログの更新状況をFacebookページに載せています。

« »

コメントお待ちしています(お返事ができない場合もございます。ご了承ください)





トラックバック

トラックバックURL: http://hinata-seed.com/yutakasa/trackback/

コメントフィード

PAGE TOP ↑