「罪悪感」を「感謝」に変える

私のこころのこと つぶやき


白状します。

たまーに、私は
晩ごはん後の洗い物をしないまま
寝ちゃうことがあります。

そして、翌朝
私より先に起きた夫が
洗い物をしてくれるのです。

実は、今朝もそうでした…。

以前なら
「彼は仕事でくたくただし、
帰りも遅いから
洗い物してもらうなんて
とんでもない!
妻として失格だ!!」

と、自責の念に駆られていましたが。

最近は、洗い物をしてくれた彼に
私はこう言います。

「わー!
洗ってくれたの!?
助かる!
ありがとう!
愛してる!!

すごいですか?
「愛してる!!」とか。

でも、うちでは
「愛してる」という言葉は
日々、幾度も飛び交っているので
まったく恥ずかしくありません。

もちろん、その都度思いを込めて
発している言葉ですが
「言葉を発する」という行動だけに
着目するならば、
「おはよう」「おやすみ」を言うぐらいの
レベルです(笑)

そして、それを言われている彼も
まんざらでもない様子。

「せやろ?えらいやろ?」
と言ってくるので、
「うん!いつも超えらい!」と
付け加えます。

実は。
私、自分以外の人が
家の洗い物をするのって
ちょっと抵抗があったんです。
「洗い残ししてるんじゃない?」とか
つい、こっそりチェックしてしまって。
イヤな人ですね~^^;

でも、それもやめました。

彼はちゃんと、丁寧に
洗ってくれています。
(ということにしています。笑)

「やってもらって申し訳ない」
じゃなくて、
「やってくれてありがとう!」

そのほうが、やってくれた側も嬉しいはずです。



スポンサーリンク


ブログの更新状況をFacebookページに載せています。

« »

コメントお待ちしています





トラックバック

トラックバックURL: http://hinata-seed.com/zaiakukan-kansha/trackback/

コメントフィード

PAGE TOP ↑